社会につながる人間力を育てます キッズベースキャンプ

小1の壁とは?

主に、共働き家庭において、子どもを保育園から小学校に上げる際、直面する社会的な問題を、『小1の壁』といいます。
保育園では、延長保育があるところも多く、ある程度遅い時間まで子どもを預かってもらえます。
しかし、公的な学童保育では通常18時で終わってしまうところも多く、保育園よりも預かり時間が短くなってしまい、子どもは、家で一人で過ごすことになります。
小学校に入学して急にしっかりするわけではないので、保護者は安全面でも精神面でも心配がつきません。
また、小学生になると、時短勤務制がなくなる企業も多く、子どもの小学校入学を機に働き方の変更を迫られるワーキングマザーの方が多くいるのが現状です。

保育園と小学校では大きく違いがある

一日の流れ

一日の流れ

その結果・・・

お子さんは お母さんは
・一人の時間が増え、危険に巻き込まれてしまう可能性がある。
・急に一人で過ごす時間が多くなり、宿題やおやつなどを自己管理しなければならなくなる。
・出社、帰宅の時間を変えなくてはいけない。
・雇用形態を変えなければならない。
・長期休みのお弁当作り、平日実施の学校行事参加など、保護者の負担が増える。

年間を通して起こる小1の壁

・入学後、一週間は給食が始まらず、お昼には帰ってきてしまう。
・公設の学童保育の中には4月1日から利用できないところがある。
・保護者会、引き取り訓練、PTAの活動など、入学式以外でも保護者参加の行事が多い。
・学童保育では、昼食がついていないことが多いため、夏休みはお弁当を作らなくてはならない。
・定員の問題で“長期休みだけの利用”は出来ない学童保育が多い。
・行事が多く、仕事の調整が難しい。
・日が短くなり、小学校、学童保育から一人で帰らせるのが心配。
・インフルエンザなどの感染症が流行り、学級閉鎖で預け先がない。
・年度の変わり目で、新しい習い事、塾などを検討し始めるが時間が取れない。

更に小学生は、幼児を卒業して学童期に移り、思春期へと移行する時期です。知的能力が飛躍的に発達し、自律的な自我意識を持つ人格が形成されるようになります。発達過程にいる学童期は、幼児期と同様、周囲にいる大人の存在がとても重要です。

大切な放課後

小学生が放課後と長期休みに過ごす時間 年間約1,600時間

小学校低学年の子どもが学校にいる時間は、年間約1,200時間。これに対し、長期休みなども含め放課後に過ごす時間は、年間約1,600時間になり、子どもが放課後過ごす時間は、学校にいる時間よりも、年間約400時間も多くなります。
かつては、子どもたちは放課後に、家庭や地域社会において、家事や自然体験などを通し、基本的な生活習慣、生活能力、他人に対する思いやりや善意の判断、自立心や自制心、社会的なマナーなどを身につけていました。
しかし、昨今では、核家庭化が進み、共働き世帯の増加により家庭や地域社会といった“学校外”でも子どもの教育機能が低下しています。

このような社会環境の中、情操教育の育成上、大切な時期である小学生の “放課後の充実”が重要となっています。

学童保育は、基本的な生活習慣、生活能力、他人に対する思いやりや善意の判断、自立心や自制心、社会的なマナーなどを身に着ける場として、注目され始めています。
一口に学童保育と言っても、実はいくつかの種類があり、子どもを預ける時間、場所や費用によって学童保育の種類を選択することが可能です。

学童保育ってどんなところ?

  • このページの先頭へ戻る
  • サイトのご利用・リンクについて
  • 個人情報の取扱いについて
  • お役立ちリンク
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問